平成27年度体育学科同窓会地方講演会(千葉県大会)を終えて

同窓会情報

平成28年2月28日(日)千葉県成田市にて、平成27年度体育学科同窓会地方講演会が、予定通り開催されました。

 

午前中の第Ⅰ部では、125名の方々にご参加頂きました。

講演1として加藤直人氏(日本大学文理学部長)に「大学教育が目指す地方との連携」というテーマでご講演頂きました。様々な分野を学習できる日本大学文理学部が輩出しているアスリート、教員、そして指導者についてのご紹介、そして本学部が行なっている地域連携の活動についてお話いただきました。

講演2として川井昂氏(日本大学文理学部体育学科同窓会会長)に「体育学科のご紹介」というテーマで体育学科同窓会会長として基調講演をして頂き、体育学科の行事や同窓会の活動などについてお話いただきました。

講演3として村上幸史氏(日本大学文理学部助教)、右代啓祐氏(スズキ浜松アスリートクラブ)、中村明彦氏(スズキ浜松アスリートクラブ)、「トップアスリートから見たスポーツと教育」というテーマでご講演頂きました。村上幸史氏及び、伊佐野龍司氏(日本大学文理学部助教)をコーディネーターとし、ディスカッション形式で行われました。十種競技についての説明や魅力、また、十種競技との出会いから現在に至る過程がどのようにしてご自身に生かされているかをお話し頂きました。

 

午後の第Ⅱ部では、講演3の方々と日本大学保健体育審議会陸上競技部の方々をコーチに招いて、陸上教室が開催され、224名の方々にご参加頂きました。短距離、跳躍、投擲の種目に分かれて陸上競技のトップアスリートに練習法を指導していただき、参加者からは、「今日学んだことを明日からの練習で取り組みたい」などの声が聞こえてきました。

 

また、講演会終了後には懇親会も開催され、25名の方々にご参加いただきました。川井会長より今回千葉県での開催にあたってご協力いただいた成田高等学校の皆様をはじめ、講演者の方々に感謝の言葉が述べられ、今後の体育学科同窓会発展のため同窓生の絆が深まる会となりました。

 

今年度もたくさんの方々にご参加いただき、無事に終了することが出来ました。講演者の皆様、成田高等学校の皆様、ご協力頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。